失った歯を取り戻す、インプラント、義歯

インプラント・入れ歯

インプラントと入れ歯の違い

  • インプラント

    メリット

    ・見た目が美しく自然

    ・違和感が少ない

    ・硬いものでもしっかり噛める

    ・周囲の歯を傷つけたり、負担をかけたりしない

    ・金属アレルギーの心配が少ない

    デメリット

    ・保険適用ではない

    ・外科手術が必要

    ・病気や顎の骨の量が少ない場合などは、治療を受けられないこともある

  • ブリッジ

    メリット

    ・見た目が自然

    ・違和感が少ない

    ・入れ歯よりも噛みやすく、慣れやすい

    デメリット

    ・両脇の歯を削る必要がある

    ・支えの歯が悪くなったり、ブリッジの片側が外れても気づきにくい

    ・支えとなる歯に大きな負担がかかり、将来的にその歯を失ってしまうことがある

  • 入れ歯(保険適用)

    メリット

    ・治療期間が短い

    ・治療費が安く済む

    ・ブリッジ・インプラントへ治療をステップアップできる

    ・入れ歯を外して洗浄できるため清潔に保てる

    デメリット

    ・慣れるのに時間がかかる

    ・見た目がよくないことがある

    ・違和感があることがある

    ・手入れをする必要がある

    ・使っているうちに合わなくなることがある

  • 入れ歯(保険適用外)

    メリット

    ・治療期間が短い

    ・治療費が安く済む

    ・ブリッジ・インプラントへ治療をステップアップできる

    ・入れ歯を外して洗浄できるため清潔に保てる

    デメリット

    ・慣れるのに時間がかかる

    ・見た目がよくないことがある

    ・違和感があることがある

    ・手入れをする必要がある

    ・使っているうちに合わなくなることがある

インプラント

インプラントの魅力

  • 01本物の歯と同様の噛み心地

    顎の骨とチタン製の人工歯根がしっかり結合するため、固い食べ物でも問題なく噛める歯がよみがえります。

  • 02顎の骨が痩せない

    食べ物を噛んだときの刺激が直接顎の骨に伝わるため、入れ歯のように顎の骨が痩せてしまうことがほとんどありません。

  • 03自然な見た目になる

    人工歯には、見た目も強度も本物の歯に近いセラミックなどの素材を使用するため、美しく自然な仕上がりになります。

  • 04周囲の歯に負担がない

    顎の骨に固定するため、入れ歯やブリッジのように周りの歯に負担がかかることはありません。

入れ歯

入れ歯のメリット

  • 01安価で作製できる

    自費診療の総入れ歯でも、インプラント1本分とほとんど変わらない費用で作製できます。

  • 02手術の必要がない

    外科手術をせずに簡単に取り付けることができるため、ご高齢の方でも負担がかかりません。

  • 03短期間で済む

    インプラント治療の場合は治療が終わるまで1年以上かかることもありますが、入れ歯は約1ヶ月半程度でつくれます。

  • 04清潔を保ちやすい

    取り外してクリーニングできるため、口腔内に固定されたものより清潔さを保ちやすいのが特徴です。

取り扱い入れ歯

  • レジン床義歯

    保険が適用される歯科用プラスチック製の入れ歯です。安価で作製できますが、口腔内での違和感が出やすく、温度が伝わりにくいという欠点があります。また、プラスチックですので壊れやすく、厚みがあるため、違和感が出やすいこともあります。

  • 金属床義歯

    歯ぐきが触れる部分が金属でつくられた入れ歯です。薄くつくることができるため違和感が出づらく、食べ物の熱も伝わりやすいというメリットがあります。また、金属なので壊れにくいです。

  • ノンクラスプデンチャー

    お口に固定するための金属のバネ(クラスプ)を使用しないタイプの入れ歯です。高い柔軟性を持っていて、金属のバネが付いていないため見た目が自然です。入れ歯を入れていることがわかりにくく、落としても割れることがありません。

  • マグネットデンチャ

    磁石の力を利用して固定するタイプの入れ歯です。しっかり固定されるのでズレたり外れたりすることがほとんどなく、複雑な仕掛けがないぶん、脱着も簡単にできます。

TOP